漫画オタクアンテナ

オタクが好きそうな漫画のアンテナサイトです。

自動車学校、「痛車」を活用する斜め上の計画を立てるwwww

   

B7B1s2lCQAAb-tu

1: 名無しさん : 2016/09/20(火) 16:18:18.64 ID:CAP_USER9.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00010004-nishinp-soci
 アニメのキャラクターを大きくラッピングした通称「痛車」を教習用に活用する計画を、佐賀県大町町の大町自動車学校が進めている。若者の車離れ対策で、同校常務の鶴田英司さん(42)は「多くの若者に興味を持ってもらえれば」とPR効果を期待している。10月に導入する。

 同校の昨年の受講者数は約450人で20年前に比べて約200人減った。人口減の影響もあり、鶴田さんは「子どもの数自体が減っているので、運転免許証を求める人も少なくなっている」と話す。

 何か打つ手はないかと考えて目を付けたのが、おたく文化から生まれた「痛車」だった。見た目の個性が強すぎて痛々しく感じてしまうようなデザインもあるが、若者の関心を引きつけようという狙いだ。

 教習用に使うラッピングは、音声合成ソフトを使った仮想世界のアイドル歌手「初音ミク」と県内のご当地アイドル「ピンキースカイ」の2人をアニメ化した2種類のデザインを用意。乗用車タイプの教習車2台に貼って走らせるという。

 お披露目は、同校で10月2日に開くイベント「○○(おお)町車校界」を予定。イベントではスポーツカーや大型バイク、立ち乗り電動二輪車「セグウェイ」の試乗会を催し、ご当地料理「たろめん」などの提供もある。

 鶴田さんによると、企画を進める理由はもう一つあり、大町、江北、白石の杵島郡3町の交通事故を減らしたいという。

 県警によると、今年1~7月の事故発生件数は江北町67件、大町町41件、白石町10件で、杵島郡内の多さが目立つ。鶴田さんは「特に若者には、教習所で安全運転をしっかりと身に付けてもらいたい」と話している。



続きを読む 続きを読む

 - アニメ全般

TOPへ